荻野由佳がホリプロの所属へ!大躍進も泥舟か

総選挙で大躍進したNGT48の荻野由佳が大手芸能プロダクションに所属することになりました。総選挙というイベントを皮切りに知名度を上げた荻野由佳はホリプロに所属することになります。荻野由佳は今後どうなるのでしょうか。

荻野由佳がホリプロへ

第九回のAKB48選抜総選挙にて大躍進したNGT48の荻野由佳がホリプロの所属になることが決まりました。AKBグループの中で結果を残した後はどの事務所に所属するのかということがとても大事な意味を持っています。行きたい事務所を選ぶというのではなく、事務所側からの指名なので、メンバーもドキドキです。

荻野由佳がホリプロからオファーをもらう

いつもどおりSHOWROOMの配信を行っていた荻野由佳のもとに一通の手紙がスタッフの人から渡されます。その手紙を恐る恐る読むと、そこには、ホリプロからの正式オファーが書いてありました。荻野由佳は嬉しさのあまり飛び跳ねてしまいます。AKBグループはサプライズを売りにしているグループなので、48グループらしい段取りですね。
AKBグループのメンバーになるためにまずオーディションを受けます。オーディションの末合格ならばAKBメンバーの一員となることが出来ます。AKBグループのメンバーになったら、次はその中で結果を残さなければなりません。その1番の舞台が総選挙というわけです。
総選挙で5位になった荻野由佳

総選挙で5位になった荻野由佳

via google imghp
荻野由佳の例を見ると総選挙で結果を残すことが如何に大事なことかがわかりますよね。荻野由佳は総選挙の速報順位で1位になりました。そこから急落するかと思われましたが、見事5位を獲得しました。総選挙でその結果を残したことにより世間の知名度を上げることに成功しました。
知名度を上げることが出来て、さらにホリプロのオファーを勝ち取るという快挙を成し遂げることが出来ました。ここまでくると出来過ぎのような気もしてしまいますよね。速報順位を1位にすることでメディアの話題にしてもらい、そこから5位に落ち着かせるという調整。そしてホリプロへ!話題性に満ちています。
荻野由佳の躍進は秋元の陰謀なのか…

荻野由佳の躍進は秋元の陰謀なのか…

via google imphp

荻野由佳のホリプロ所属は成功か

NGTのメンバーとして総選挙で大躍進した荻野由佳ですが、荻野由佳のホリプロに入るという行為は果たして成功だったのでしょうか。過去にホリプロに所属したメンバー等を比較して荻野由佳が今後どのような道筋を辿りそうか検証してみようと思います。
大手プロダクションのホリプロ

大手プロダクションのホリプロ

via google imghp
できるだけ名の知れた事務所に行きたいと思うのがメンバーの正直なところだと思います。1番強いと思われる事務所は太田プロです。元AKBの前田敦子、大島優子、そして指原莉乃といったメンバーが所属しており、卒業後も強い力を持っています。
ホリプロも大手の事務所です。和田アキ子や、話題の船越英一郎といった錚々たるメンバーが所属しています。女性芸能人では小島瑠璃子が所属しています。AKB関連のメンバーとしては板野友美が挙げられますが、その他は正直パッとしないメンバーが多いかもしれません。
板野友美

板野友美

via google imphp
ホリプロという大きな事務所に所属してもなお、卒業後に成功したメンバーがあまりいないのが現状です。荻野由佳はホリプロに所属したことで満足せずに、更なる向上心を持ってアイドル活動を行っていくことが求められていることでしょう。

なぜホリプロは荻野由佳にオファーを出したのか

48グループから芸能事務所に移籍することは、簡単な例で言えばドラフトみたいなものです。事務所側もいい人材を確保しなければならないので、良いと思ったメンバーは基本的にオファーを出すように思われます。それと同時に、話題性という事務所側の利点があるかもしれません。
ホリプロからの手紙を読む荻野由佳

ホリプロからの手紙を読む荻野由佳

via google imghp
総選挙で話題を提供した荻野由佳なので、彼女が芸能事務所に所属したらニュースになることは予想できます。ホリプロ側もいい宣伝になり、最近落ち目だとも言われている48グループの話題性にも良い影響が出ます。それが今回の荻野由佳がホリプロからオファーを受けた理由なのかもしれません。

まとめ

荻野由佳がホリプロに移籍することが分かりましたが、荻野由佳の戦いはむしろこれからですね。ホリプロに入りながらも思うような結果が残せていないメンバーが多いので、荻野由佳が後輩たちの道を作れるような人になってほしいです。荻野由佳の活躍に期待です。

元のページを表示 ≫

関連する記事

Source: 芸能ニュース.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です