木村拓哉、マツコに擦り寄る。共演NGの過去は?

SMAPが解散してから、苦境の木村拓哉。今年4月と5月に映画『無限の住人』のPRのためマツコの『夜の巷を徘徊する』に出演。かつてキムタク側から共演NGを出していたのに今は木村から企画を持ち込んでいるとか。

木村拓哉がマツコデラックスの番組に出演

 今年の4月と5月の2回に分けて、キムタクこと木村拓哉とマツコデラックスがテレビ朝日の深夜バラエティ番組『夜の巷を徘徊する』にて共演したことを覚えていますか。高校が一年間同じだったという同級生のよしみで共演し、東京の六本木ヒルズ周辺などを徘徊しました。視聴率は深夜番組では異例の7%台を記録し、共演は大成功でした。
木村拓哉とマツコデラックス共演

木村拓哉とマツコデラックス共演

via google imghp
 番組では、木村もマツコも壁を作ること無く和気あいあいとした雰囲気でトークを繰り広げていました。中には、木村の娘に言及する場面や、マツコが工藤静香の楽曲『嵐の素顔』の振り付けを披露して木村に突っ込まれるなど、今までの木村ではあり得なかった家族ネタも放送され、ファンの間では飯島マネージャーがマネジメントしていた頃なら絶対カットされていた!ついに家族ネタ解禁だ!と反響をよびました。

木村拓哉がマツコとの再共演を熱望?

 SMAP解散騒動で戦犯扱いされた上に、そのイメージのせいなのか今年の1月から放送された主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』は最終回視聴率16%とそこそこ高い結果だったが、同じ元SMAPの草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』は視聴率19%と越されています。更に4月クランクアップの映画『無限の住人』は、エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』や注目若手俳優づくしの『帝一の國』、さらには『クレヨンしんちゃん』にも惨敗し、興行収入2億円と事故最低の記録を叩き出しました。
夜の巷を徘徊するでも映画を宣伝した木村拓哉

夜の巷を徘徊するでも映画を宣伝した木村拓哉

via google imghp
 このかんばしくない状況に加え、まさかの中居正広のジャニーズ残留によって事務所内でも居場所が無くなる可能性が出てきました。今年の秋以降の仕事が空白な木村に対し、中居は民法のレギュラー番組を5本も抱え、特番にも頻繁に出演しているなど解散してからのほうが好調な様子です。
 そんな窮地の木村が最後の砦としてすがったのが、元同級生のマツコ・デラックスです。『無限の住人』の海外公開決定で、海外進出も視野に入れていると考えられていた木村ですが、とても海外でやっていけそうな英語力は持ち合わせていません。国内で活動し続けるための蜘蛛の糸として、マツコ・デラックスを選んだのです。
今大人気のマツコデラックス

今大人気のマツコデラックス

via google imghp
 仕事のない木村は今現在自らも自分を売り出している真っ最中です。その矛先はマツコにも向けられました。ある日、木村からの誘いで食事会に参加したマツコ。共演の後日ということもあり、また思い出話でもするのかと思いきや、木村は大量の企画書を持参し2人でバラエティ番組を始めないかと提案されたそうです。ただの食事と思っていたマツコは急な誘いにとまどい、いい返事はしないまま帰りました。

共演NGだったことも?木村の態度が豹変

 マツコがいい返事をできない要因として、これまで木村サイドから共演NGを突きつけていた過去があります。かつて『SMAP×SMAP』で木村が一年間だけ千葉県の高校に通っていた頃、同級生にマツコ・デラックスがいたことを話しています。木村いわく、「どれがマツコか分かんなかった」と当然ながらあまり親しくしていなかった様子。

 しかも、ジャニーズ事務所は木村のイメージから奇抜な女装をしたマツコとの共演を拒否し、木村もマツコを相手にもしていなかったのです。

高校時代の木村拓哉とマツコ・デラックス

高校時代の木村拓哉とマツコ・デラックス

via google imghp
 それが、木村が売れなくなってきたとたんに、売れているマツコに擦り寄って人気のおこぼれにあやかろうなんて、マツコからしたら見ていて気のいいものではありません。自分を利用しようとしているようにしか思えませんよね。マツコサイドとしては、最悪再び共演することがあっても、特番など短髪の仕事に抑えておきたいようです。木村とマツコの再共演は実現するのか。今後の同行が気になります

元のページを表示 ≫

関連する記事

Source: 芸能ニュース.jp

1 個のコメント

  • キムタク、マツコとバラエティ番組で再共演したければ、まずは単発から始めてみてはどうだろう?終わって、マツコにフォローされてから、レギュラー番組が生まれてもいいようにするといいと思うよ(^ε^)-☆Chu!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です