生駒里奈の歌が下手すぎてやばい【動画】

最近人気が落ちてきている乃木坂46メンバーの生駒里奈が、先日もうすぐAKB48を卒業する渡辺麻友と2人でNHKの生放送番組「うたコン秋祭り」に出演しました。しかしその時の生駒里奈の歌が下手すぎてネット上では炎上。

うたコンに生駒里奈と渡辺麻友が出演

5日に行われたNHKの生放送番組「うたコン秋祭り」で、約10年間続けてきたAKB48の卒業を間近にした渡辺麻友と乃木坂46メンバー生駒里奈2人がコラボで出演しました。2人は、とても仲が良くファンの間でもいこまゆコンビ最高だと好評なのです。
うたコン秋祭り

うたコン秋祭り

via google imghp
生駒里奈が2014年から約1年間の間AKB48チームBと乃木坂46を兼任していた時期に渡辺麻友と仲良くなり、お互いにアイドルとして尊敬し合うほどの仲になったそうです。2人がどのくらい仲が良かということは2人のツーショット写真を見て頂ければ分かるでしょう。
いこまゆコンビ

いこまゆコンビ

via google imghp
渡辺麻友がお姉ちゃんみたいな感じで生駒里奈を可愛がっているようにも見えますね。ちなみに生駒里奈は、渡辺麻友のことをアイドルの神様だと言うほど尊敬と憧れを抱いているようです。生駒里奈がアイドルとして目指している人は渡辺麻友だということですね。そんな憧れの人と歌った生駒里奈は一生の思い出となったことでしょう。

生駒里奈の歌が下手すぎてやばかった

うたコン秋祭りでは生駒里奈と渡辺麻友2人で、あの小泉今日子の名曲「なんてったってアイドル」を披露しました。ほとんどの人が1度は聞いたことがある曲だと思います。なんてったってアイドル~とサビの部分がずっと耳に残るメロディーでCMなどにも起用されていましたよね。昭和のアイドルソングですが今でも歌われている大人気ソングです。
なんてったってアイドル

なんてったってアイドル

via google imghp
そんな名曲を歌ったのはいいのですが、なんと生駒里奈の歌がやばいとネット上で大ブーイングがおきていました。生放送なのでもちろん歌も生歌です。渡辺麻友の歌は自然で良かったのですが生駒里奈の歌は誰が聞いても分かるくらい下手でした。まずは、その時の動画をご覧ください。

なんてったってアイドル(生駒里奈・渡辺麻友)

Aメロの生駒里奈ソロパートで初っ端から音が外れていることが分かりますよね。緊張していたこともあると思いますが、ここまでくるとアイドルとしてどうかなという意見も多数ありました。よくAKB48や乃木坂46は音楽番組に出演したときのライブは口パクだと批判されていますが、生歌がここまでやばいのであればもう口パクのままのほうがまだましなのではと思うほどです。ちなみに小泉今日子本人が現役時代に歌っていた「なんてったってアイドル」の動画はこちらです。

なんてったってアイドル/小泉今日子

流石キョンキョン!安定の可愛さと上手さですね。生駒里奈の歌とは比べたらいけないほど差があります。松田聖子や中森明菜と言い、昭和のアイドルは本当に歌がしっかりしていて魅力的に感じます。今の時代のほとんどのアイドルの歌は声に加工がかかりすぎたように聞こえて生歌の良さが全然伝わってこないのですが、昭和時代はそのままの声なのでスゴイなと思います。そして生駒里奈の歌についてネット上での反応はと言うと…。

//platform.twitter.com/widgets.js

//platform.twitter.com/widgets.js

//platform.twitter.com/widgets.js

//platform.twitter.com/widgets.js

ほとんどの人が生駒里奈の歌の下手さに驚いているようでした。しかし、昔から生駒里奈のことを知っている人なのか生駒里奈の歌を褒めている人も何人かいました。

//platform.twitter.com/widgets.js

生駒里奈は元々歌が大の苦手だったのでしょう。今の時点で成長しているということは、以前はもっとひどかったということですね。そう思うと今の時代のアイドルは歌が下手でも普通にアイドルになれるということですよね。だからアイドルの存在価値がどんどん低くなっていくのでしょう。

自分の歌の下手さは認識している生駒里奈

音痴な人のなかで自分の歌の下手さに気づいていない人がたまにいますが、生駒里奈は十分自分の音痴さについて認識していました。うたコン秋祭りに出演したときのコメントでもこのようなことを言っていました。
生駒里奈

生駒里奈

via google imghp
「わたしは今まで歌番組で、生放送の時もソロでパートを任せられる事はありませんでした。もちろん、それはわたしが歌が下手くそだから任せられないが1番の理由」と心境を赤裸々に明かし、この日も「正直やめた方がいいと思いました」
生駒里奈は出演を迷うほど自分の歌の下手さを承知済みだったのですね。それでいて出演を決め、しっかり生歌で最後まで歌い切ったのであればどんなに下手でもを贈るべきですね。

最終的に生駒里奈が出演を決めたきっかけは、大好きで憧れの渡辺麻友と歌えるチャンスはこれが最後だと思ったから挑戦することにしたということでした。

生駒里奈と渡辺麻友

生駒里奈と渡辺麻友

via google imghp
そして2人の夢のコラボ共演が終わったあとの生駒里奈のコメントでは、素晴らしい経験をさせてもらった!もっと頑張ります!と前向きな言葉を言っていたので生駒里奈的には自分の歌の下手さについて色々言われたとしても分かっていることなのでそんなに気にしていないのかなと思いました。

まとめ

生駒里奈は、乃木坂メンバーのなかでセンターポジションにいた時期もあったのに今となってはだんだんと人気が落ち、立ち位置も後ろのほうになってしまいましたが、それでも辞めたりせず一生懸命にアイドル活動を頑張っているので、この調子で歌ももっとうまくなるといいなと思います。そしてまた生駒里奈がセンターポジションに戻ってくる日がくることを密かに願っています。

元のページを表示 ≫

関連する記事

Source: 芸能ニュース.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です