野際陽子がガンで死去。多くの芸能人が悼む

たくさんの人に愛されていた野際陽子が13日に肺腺がんで亡くなりました。突然の野際陽子の死去に多くの芸能人たちが悲しんでいます。ここでこれまで野際陽子が送った偉大なる女優人生をまとめてみました。

野際陽子、肺腺がんで亡くなる

数多くの映画やドラマで大活躍していた女優、野際陽子が6月13日の午前中に都内の病院で亡くなったことが分かりました。
野際陽子

野際陽子

via google imghp
野際陽子は2014年に初期の肺腺がんと診断されて一度手術を受けています。しかし翌年2015年にがんが再発してしまい、もう一度手術を受けました。それからはいつものように女優業に励みながら治療も続けていましたが、今年5月に肺炎と併発し、東京都内の病院に入院していました。そして今回、野際陽子の状態は回復することなく81歳でこの世を去りました。
野際陽子

野際陽子

via google imghp
野際陽子は、肺炎と併発し入院している間も女優業に復帰することを諦めず最後の最後まで意欲を見せていたそうです。やはり偉大な女優は最後まで偉大だったのでしょう。野際陽子は撮影現場などでも多くの人から愛されていたようで人の良さ、偉大さが分かりますね。
野際陽子

野際陽子

via google imghp
今回、野際陽子の葬式は親戚など近親者のみで行われたようで、故人の意向でお別れ会などもしないそうです。最後は家族だけに見守られたかったのかもしれませんね。これまでたくさんの人に愛され、たくさんの人との交流が多かったはずなので、家族と会う機会も全然なかったでしょうし、最後くらいは家族だけに占領されたいと思っていたのかもしれません。

多くの芸能人たちが野際陽子の死を悼む

野際陽子の死去でたくさんの人達が悲しんでいます。そして誰よりも1番悲しんでいるのは家族でしょう。特に野際陽子の1人娘である女優の真瀬樹里は、喪主も務め最後まで母のことを1番に考えていたと思います。真瀬樹里は、母についてこうつづっていました。
真瀬樹里

真瀬樹里

via google imghp
「多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております。母と、母の遺(のこ)した作品を、どうかこれからも忘れずに愛し続けて頂けたら」
真瀬樹里の言葉から野際陽子への敬意が見られますよね。娘から誇りに思われることは母親として本当に嬉しいことだと思います。女優としても母親としても誇りに思われることは簡単そうで難しいことだと思います。なによりも家族愛があるからこその言葉だと思います。

そして他にも多くの芸能人が野際陽子の死去を悼んでいます。

佐野史郎

「野際さん…ていうか、野際ママ。第二のお母さん。こないだ会ったばかりな気がするのに。インテリジェンスあふれる会話から、下ネタまで、楽しかったなあ。辛いそぶりなんかカケラも見せず…。野際ママ、身体はなくなっても、作品の中ではまだ生きてるよ。そういや、ドラマの中とはいえ、人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい」
佐野史郎

佐野史郎

via google imghp
佐野史郎とは多くの作品で一緒だったそうで、その分思い出も数え切れないほどあると思います。佐野史郎が野際陽子に対して母のような存在と言っていたので、家族のように親しかったのでしょう。そのように大好きな人を失うことはとても辛いはずです。なので佐野史郎の辛さは私達が想像している以上の辛さだと思います。

沢村一樹

「驚きと戸惑いと、深い悲しみを隠しきれません。女優としては勿論、ひとりの女性として、本当に美しい方でした。まだまだ現場でお会いする機会があると思っていたので今は悔しさで一杯ですが、お会いできた事、共演させて頂いた事に感謝して、御冥福をお祈り致します」
沢村一樹

沢村一樹

via google imghp
沢村一樹とは、ドラマ「DOCTORS〜最強の名医〜」などで共演しており、シリーズが長く続いていたのでその分過ごしてきた日々も多かったはずです。沢村一樹から見た野際陽子は、本当に美しい女性だったのでしょう。

間寛平

「言葉が出ないくらいショックです。『-万丈』の頃から本当にお世話になっていました。食事にもよく連れて行っていただいたり、アースマラソンの時にも応援に来ていただき『寛平ちゃん!寛平ちゃん!』と、本当に可愛がってもらっていました。あんなに元気やったのに本当に残念です」
間寛平

間寛平

via google imghp
一緒によく食事に行くほど親しかった間寛平もさすがにショックを隠しきれないようですね。野際陽子から可愛がられていたなんて間寛平も幸せものだと思います。それこそ野際陽子との思い出に誇りをもっていいと思います。

黒柳徹子

大親友

大親友

via google imghp
「何より正直だった清らかなあなたが好きでした」
「あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです」
黒柳徹子と野際陽子は、もう60年くらいの付き合いだそうで大の仲良しだと言っています。大親友を失った黒柳徹子は精神的にも参ったはずです。野際陽子のぶんまでまだまだ黒柳徹子には活躍してほしいですね。

野際陽子のこれまでの人生は偉大であった

ここで、最後に野際陽子のこれまでの偉大なる人生を簡単にまとめてみました。
野際陽子プロフィール

野際陽子プロフィール

via google imghp
生年月日:1936年1月24日
没年月日:2017年6月13日(満81歳没)
身長:163㎝
血液型:A型
生まれ: 富山県 富山市
特技:英語・フランス語
書籍: 70からはやけっぱち
野際陽子は、立教大学文学部英米文学科を卒業し1958年に見事NHKのアナウンサーに就任しています。よほど頭がよかったと思います。アナウンサーとして活躍していた野際陽子は、アナウンサー時代に強盗にナイフを突きつけられた経験もあるようです。

1962年にNHKを退社し広告代理店へ転職しました。それからTBSのプロデューサー大山勝美が野際陽子を女優として誘い女優活動を始めます。1966年には念願であったパリへ留学。

野際陽子

野際陽子

via google imghp
1973年に俳優の千葉真一と結婚し、1975年に長女の真瀬樹里を出産しています。このとき野際陽子は38歳11か月で、当時の芸能人のなかで初産高齢出産最高齢記録でした。40歳近くで初産は大変だと思うし、それを乗り越えた野際陽子はやっぱりスゴイと思います。

1994年に千葉真一と離婚。やはり大物芸能人同士の結婚は何かとすれ違いが多かったのでしょう。

野際陽子

野際陽子

via google imghp
それからは、特に再婚などもなくとにかく女優業に専念しています。野際陽子の人生を一言で表すと「女優」という言葉がでてくるほど女優に対しての熱が高かったと思います。そんな野際陽子だからこそたくさんのひとに憧れられ、親しまれ、愛されてきたのでしょう。野際陽子の存在は芸能界の中でも大きかったはずです。これから野際陽子みたいに女優愛が熱い女優が増えていってほしいですね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

Source: 芸能ニュース.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です